オンライン訓練でライセンス取得
本格スキルも学べる
業界最安級ドローンスクール

  • オンライン学習+認定試験

  • 練習用ドローン無料レンタル

  • 実践的な現場のスキルが学べる

商用パイロット資格の取得と
実践的スキルの習得

  • UAS Level2技能認証カード
  • 10時間飛行履歴証明書

デイトラでは、座学から実技の試験対策まで含んだ実践的なカリキュラムをご自宅で受講することができます。訓練後に商用パイロット試験を受験し、合格することでUAS Level2技能認証カードと10時間飛行履歴証明書を取得できます!

また、単に資格を取得するだけでなく、プロのドローンパイロットとして仕事を受けるためのポイントや空撮テクニックなどの現場の本格スキルをライセンス取得後からも継続して習得できるドローンスクールです!

\ 受講生のドローン空撮動画 /

  • 撮影 ひろし(@hiroshi_program) さん

  • 撮影 じぇりど(@jerid_works) さん

UAS Level2技能認証とは?

UAS Level2は国土交通省の認定する講習団体の発行資格です。

国土交通省認定団体の発行資格とは、「10時間以上の飛行」を含めた最低限の技能・ドローン運用の必要知識や法関連の知識を習得することで得られる資格です!

認定資格を有することで、ドローンパイロットの義務である「包括申請」を簡略することができます。

ドローン操縦士としての資格には様々な名称が存在しますが、基本的に資格が証明する能力に大きく違いはありません。発行団体によって資格の名称が異なるだけであり、認定資格であれば、どの資格であっても申請手続きを簡略化できます!

そのためスクール検討の際には、資格の種類で比較するのではなく、カリキュラムで得られる技術・受けられるサポート・価格面、そしてドローンを活用する目的にあわせて検討することが重要なポイントです!

デイトラドローンコース
6つのポイント

  1. POINT 01 自宅で実技練習できる
    カリキュラム!

    小型軽量ドローンの3ヶ月間無料レンタルをご用意しているので、飛行の実技もご自宅で練習が可能です! 小型で軽量である分、操作の難易度はやや上がりますが、本番である実務試験に余裕をもって対応できるスキルが身につきます!

    ドローン3ヶ月無料レンタル
    完全オンライン学習
  2. POINT 02 認定試験は主要地域で受験可能!

    オンライン訓練を終えたら、いよいよ認定試験です!大半のドローンスクールが試験場は1店舗と限定される中、デイトラでは東京・大阪・名古屋・福岡・札幌に店舗を構える老舗のドローン会社「ドローンネット社」と提携しているため、下の図にあるドローンネット社の全店舗で商用パイロット試験を受けることができます!

    ライセンス取得までの流れ

    受講開始

    オンライン学習

    認定試験
    (試験料無料※)

    ライセンス取得

    ※認定試験の費用は初回受講分のみ無料です。
    (上記開催会場の試験に限ります。)
    再試験は可能ですが、別途試験料が発生します。詳しくはよくあるご質問をご確認ください。

    認定試験会場
  3. POINT 03 ライセンス取得で終わらない実践的な
    カリキュラム!

    一般的なスクールでは、ライセンス取得にフォーカスした短期集中型が殆どですが、デイトラでは、ドローンを通じた実践的なスキルを身につけることを重視しています。

    プロのドローンパイロットとして仕事を受けるためのポイントや、点検業務について・各種必要な手続きについてなど、豊富なノウハウをお届けします。

    また、空撮スキルとして空撮に特化した操縦テクニックはもちろん、撮影の許可・順撮影前のロケハンについて等、現場の本格スキルを学習できます!

  4. POINT 04 メンターによるサポート!

    質問チャットの様子

    プロのドローンパイロットに質問可能な環境をご用意しています。チャット形式のカジュアルな雰囲気で質問ができるので、気になる点や疑問点など、ぜひご質問ください!

    ドローン機体やライセンス獲得後の動き方など、操縦技術以外の質問もOKです。

    チャットのイメージ

    チャットのイメージ画像
  5. POINT 05 活発的な受講生専用
    コミュニティ!

    ドローンはライセンスを取得してからが重要です!飛行可能な場所や法制度の改正など、新しい情報をキャッチしていくことが必要不可欠です。

    デイトラドローンコースではチャットツール「Slack」を通じた受講生専用のコミュニティをご用意しており、受講生はずっと会費無料でコミュニティを活用可能です!

    コミュニティではオンライン座談会や、受講生同士での情報交換・イベント開催・空撮報告など、活発なコミュニケーションと情報の共有が日々交わされています。

  6. POINT 06 圧倒的なコスパの良さ!

    デイトラはここまで凝縮した内容にも関わらず、業界最安級で提供しています。
    好意的な口コミや紹介が非常に多いため、莫大な広告費をかけずに済んでいるからです。この圧倒的なコスパもデイトラの特徴の一つです。

    A社 B社
    料金 ¥79,800 (税込) ¥275,000 (税込) ¥198,000 (税込)
    学習形態 完全オンライン 通学 通学
    教材閲覧期間 90 2 2
    練習機体 3台無料レンタル 1台レンタル 1台レンタル
    レンタル期間 3ヶ月 2 2.5
    業務に関する
    カリキュラム
    あり なし なし
    ライセンス取得後の
    サポート
    あり なし なし

\ まずは講座を体験しよう!/

受講生の声

  • テキスト・動画共に試験対策ポイントが明確でした!実践でも役立つノウハウが詰まってるのがありがたい。受講生同士で雑談部屋での情報交換が頻繁に行われてるのもお得ポイントで、コスパの鬼だと思います。実際に箱根で空撮を楽しんだので今後もルールを守りながら飛ばします◎

  • 講義動画を見ながらドローンを動かし、自然と操縦技術や知識を習得できました。
    不明点があれば気軽にSlackで質問でき、有志によるドローンの様々な知識がNotionにまとめられています。
    資格取得後空撮動画を撮り、ドローンの様々な可能性を感じました。

  • 動画の解説付きなのでわかりやすい。筆記試験は要点を覚えれば満点も難しくないです。
    和気藹々とした雰囲気で情報交換や質疑応答などの交流が行われていて仲間意識が強く楽しいです!
    公園や農場や海辺など、さまざまな場所で撮影をしています。

5STEPにわかれた
カリキュラム

  1. 準備編

    準備編では、ドローン業界で活躍するために必要な前提知識を学習していきます。

    今後のドローン市場・ドローンに関する法律・ドローンパイロットの具体的な仕事などをより詳しく知ることができます。

    今まで真面目な勉強が苦手だった方でも、楽しみながら学べる資格になっているため安心です!

  2. 操縦編

    操縦編では、実際にドローンを飛行させながら、基礎スキル・応用スキル・空撮スキルの3段階に分けて操縦を習得していきます。

    基礎スキルでは、コントローラーの握り方から1つ1つ丁寧に学習していき、最終的にはプロのドローンパイロットが空撮で使う技術まで習得できます。

  3. 座学編

    座学編では、商用パイロット資格の学科試験に向けて、航空法や電波法などのドローンに関する知識を学習していきます。

    また、ただテキストを暗記するだけではなく、試験に出やすい箇所にはチェックを付けたり、雑学も紹介していくため楽しく学習を進められます!

  4. 試験対策編

    試験対策編では、商用パイロット資格の実技試験で問われる操縦スキルを習得していきます。

    難易度の高い操縦になりますが、試験対策編をやり終えた頃には、商用パイロット資格を取得できるレベルまで成長できます!

  5. 現場のスキル習得

    ライセンス獲得後の動き方として、申請についてやドローンで仕事をするためのポイントを確認していきましょう。

なぜ今、
ドローンが熱いのか!?

  1. 理由12025年には市場規模6500億円に!

    ※出典:インプレス総合研究所 ”ドローンビジネス調査報告書2021

    ドローンの市場規模は2016年から右肩上がりに成長を続け、2019年には1409億円、2021年には2305億円(前々年度比64%増)に急速に拡大しています。

    2025年には6468億円まで成長すると見込まれており、これは漫画大国日本のコミック市場を超える規模になります!

    「何か新しいことに挑戦したい!」「これから来るビジネスで勝負したい!」と考えていた方にはまさにおすすめの業界です。

  2. 理由2さまざまな場面で活躍するドローン操縦士

    動画編集を仕事にしている方であれば、ドローンの空撮動画(撮影+編集)は1本あたり10万円〜30万円が相場です。ドローンの操縦技術を身につけるだけで仕事の幅を大きく広げることができます。

    さらに近年は空撮だけではなく、さまざまな業界でドローン操縦士の需要が増しています。
    例えば、危険な高い建物の点検業務や、農薬散布の需要が高い農業分野、他にも建築・土木・災害・配送・測量などでドローンの活用は進んでいます。

    それにドローンパイロットの年収は一般的に350万〜600万円です。ドローンはもう遊びではなく、立派な「職業」なんです。

    • 調査・点検
    • 農薬散布
    • 建築・土木
    • 災害・人命救助
    • 配送・配達
    • 測量
    • 空撮
    • 防犯・セキュリティ
  3. 理由32022年からドローン操縦が国家資格に!?

    実は2022年からドローンの操縦は免許制になると言われています。

    市場は拡大するなか、操縦できる人は絞り込まれるため、ドローンパイロットという職業の希少価値が上がり、転職や就職にも大きなアピールになります。

    今のうちにドローンライセンスを取得し、操縦技術を習得しておくことで、数年後にはドローンパイロットとして大活躍できるかもしれません!

    空中ドローン撮影
    水中ドローン撮影

2でわかる!受講の流れ

デイトラは申込み後すぐに受講をスタートできます!ログイン~受講申込み~受講の流れはこの動画をチェックしてください!

学習の進め方

  1. 1ログインして受講申し込み

    Googleアカウントで会員登録をしてからデイトラのWebサイトにログイン。ドローンコースを選んで受講申し込みをします。

  2. 2専用コミュニティに参加

    デイトラはメンターによる学習サポート付き!Slackというチャットツールでデイトラ公式サポートのコミュニティに参加します。

  3. 3ドローンレンタルフォームに入力

    練習用ドローンと機材一式をお届けしますので、レンタルフォームに氏名・ご住所を入力して下さい。フォーム入力から3営業日ほどで機材が届きます

  4. 4デイトラ学習スタート!

    準備ができたら講義をもとに学習開始!
    講義は動画中心なので、実際に手を動かしながらスキルアップを実感できます!

  5. 5詰まったらメンターに質問!

    分からないことがあったらメンターに質問ししてみましょう。ただ答えを教えるのではなく、自分で課題を解決する力が身につくように導きます!

  6. 6試験を受けに行こう!

    操縦スキルも座学の知識もついたら試験を受けにいきましょう!
    合格すれば晴れてあなたもドローンパイロットです!

料金

ドローンコース

¥79,800 (税込)
  • 完全オンライン学習

  • 無期限の
    カリキュラム閲覧権

  • 実務経験者による
    90日間の学習サポート

  • 3ヶ月間のドローン
    無料レンタル

  • 実技・座学とも充実した
    試験対策

  • 主要地域で認定試験が
    受験可能

よくある質問

3ヶ月のドローンレンタル付きと書かれてますが、ドローンはどうやってレンタルするんですか?

お申し込み後にレンタルフォームにお届け先の氏名・ご住所を入力いただきます。フォーム入力から土日祝日を除く3営業日ほどで機材一式をお届けします。

試験はどこで受けられるんですか?

2021年10月現在は東京・大阪・福岡・仙台のドローンネット社の店舗で受験が可能です。今後、名古屋などその他の地域でも受験可能な店舗は増えていく予定です。

他スクールと比べて安価な理由は何ですか?

圧倒的に口コミが良く、広告費を最低限に抑えられているからです。デイトラはSNSの企画から始まったスクールで、多くのユーザー・ファンから支持されています。そのため過度な宣伝が不要で安価に提供できています。

レンタルしたドローンを壊してしまった場合は、弁償などありますか?

ドローンを壊してしまっても、弁償の必要はありません。壊れたドローンは無料で交換が可能ですが、送料は受講生負担になります。

講義形式の授業でしょうか?

自習形式です。アプリケーションの指示にしたがい講義を受けていき、不明点があれば随時メンターに質問していただくことになります。

ドローンを練習をするのに、どのくらいのスペースが必要ですか?

練習用シートを広げて飛行させるため、縦1.5m×横1.5mのスペースが必要になります。

講座以外にかかる費用はありますか?

商用パイロット試験をドローンネット銀座店またはデイトラ主催の試験で受験される際は、初回は無料で受講できますが、その他の店舗で試験を受講になられる場合は5000円の費用がかかります。

初心者だけど大丈夫ですか?

大丈夫です!完全初心者から商用パイロットの資格取得までに向けたカリキュラムになっているため、初心者の方でも、楽しく学習できます!

何時間くらい練習が必要ですか?

商用パイロット試験の受験条件に「総飛行時間10時間」という項目がありますので、最低でも10時間以上はドローンの操縦練習をする必要があります。

試験に落ちたらどうなりますか?

試験に落ちても再受験が可能です。また、試験料5000円は再受験の度に発生します。

商用パイロット試験に合格すると何ができますか?

UAS Level2認証カードと10時間飛行履歴証明書が取得でき、国土交通省への包括飛行許可申請をする際に手続きの簡略化が可能です。

試験に合格したらレンタルドローンを返却する必要がありますか?

いいえ。試験合格後もレンタル期間の3ヶ月間であれば返却の必要はありません。

レンタルしたドローンを返却しなかったらどうなりますか?

ドローンのレンタル期間は3ヶ月です。納品日より3ヶ月以内にドローンを返却するようにしてください。返却期日までにご返却が確認できなかった場合、20,000円の違約金がかかりますので、必ず期日までのご返却をお願いします。

ドローンをレンタルするのに送料はかかりますか?

ドローンはレンタル時は送料無料ですが、返却時の送料は受講生負担になります。

届いたドローンが故障・破損していた場合はどうなりますか?

初期不良につきましては、交換・送料ともに無料でできます。

質問が可能な時間は決まっていますか?

24時間いつでも質問OKです!ただしメンターの稼働時間は原則12:00~22:00のため、回答は稼働時間内に行います。

年齢制限はありますか?

特にありません。